Top > M16A4

M16A4
HTML ConvertTime 0.103 sec.

M16A4_lock.jpg

分類アサルトライフル
製造国アメリカ.png アメリカ合衆国
設計 / 製造ユージン・ストーナー / FN社(FN Herstal S.A)&コルトディフェンス社(Colt Defense LLC)
使用弾薬5.56x45mm NATO
解除条件59,000pt
前解除AUG A3
次解除CZ-805
マガジンサイズ30発
弾薬30+1/124
射撃モードmode1.png / mode2.png(3)
機動性50
実測
ダメージ(最大-最小)24.5-18
ダメージ(減衰開始距離-減衰終了距離)12.5m-60m
最大射程975m
連射速度mode2.png 800rpm
弾速(サプレッサー)650m/s(380m/s)
弾道落下係数15m/ss
反動左17 / 上28 / 右28 / 初発2.3倍 / 減衰時間18
拡散:ADS静止:0.2 / 移動:1
拡散:腰だめ静止:立3 屈2.5 伏2 / 移動:立3.5 屈3 伏2.5
最大拡散値ADS:1.7 / :腰だめ:7
拡散連射増加数(減衰時間)一発あたり0.104(9.7)
リロード時間(空時)1.8s(2.37s) 装填完了判定までの時間比率0.76x
 2015年5月26日パッチ前のデータです(折り畳んであります)

アタッチメント Edit

 解除条件(長いので折り畳んであります)

特徴、アドバイス、補足 Edit

現時点で今作ではアサルトライフル中唯一のセミ、3点バースト機構のみの銃である。
3点バーストの主なメリット・デメリットは以下の通り。
メリット
・初期反動倍率が3発目に適用されるため、射撃中は安定した反動制御が出来る
・1トリガーにつき3発ずつ弾が発射されるので、10トリガーで残り1発11トリガーで弾切れと残弾管理が容易(特にハードコア)
デメリット
・トリガーを引く間隔を短くしすぎると、連射制限により弾が発射されない場合がある
・初期反動が3発毎に発生するので、連射時の反動がフルオート武器と比較すると大きい


この銃は、リロード速度がアサルトライフルの中で最も早い。縦反動も28と低く、横ブレは右よりで比較的小さいため反動制御しやすい銃となっている。
ただ、光学サイト装着時にフロントサイトがADS時の視界を遮ってしまうという少々変わった特徴を持っている。
上記の3点バーストの特徴を踏まえると、比較的中距離での射撃が得意であり、交戦の際には出来る限り相手と距離を取る必要がある。それでも800RPMとそこそこ高いレートを持つので、慣れれば近距離にも対応できる。
慣れないうちはG18M26などの近距離特化のサイドアーム、ガジェットを装備するか、レーザーサイトエルゴノミック フォアグリップを装着して、至近距離は腰だめ打ちでカバーしよう。


余談だが、ヘビーバレル装着時はACE 23標準バレルとほぼ同じ反動になるので、ACE 23を使い慣れている人は是非試していただきたい。


補足:3点バーストの反動特性
等しい反動特性を持ち、フルオート機構を持つ銃と3点バースト機構を持つ銃(以降フル/3点と略す)の反動を[左0 / 上30 / 右0 / 初発2倍 / 減衰時間18]と仮定した時の、3発、6発、9発連射時の縦反動を比較する。
射出された弾を①、②、③…とし、最後の反動は射撃そのものには影響しないため無視できるものとする。
・3発連射時の反動
  フル[①30x2②30③→90]
  3点[①30②30③→60]←フルオート射撃2発分の反動で3発射撃できる
・6発連射時の反動
  フル[①30x2②30③30④30⑤30⑥→180]
  3点[①30②30③30x2④30⑤30⑥→180]
・9発連射時の反動
  フル[①30x2②30③30④30⑤30⑥30⑦30⑧30⑨→270]
  3点[①30②30③30x2④30⑤30⑥30x2⑦30⑧30⑨→300]
よって3発目まではフルオートの2/3の反動だが、9発目以降は3点バーストのほうが反動が大きくなる。
また中距離以遠を狙う場合、フルオート/3点バースト共に射撃間隔を開ける必要がある。その場合の6発、9発連射時の縦反動を比較する。
射撃間隔は3発ずつ、反動減衰は考慮しないものとする。
・6発連射時の反動
  フル[①30x2②30③30④30x2⑤30⑥→210]
  3点[①30②30③30x2④30⑤30⑥→180]
・9発連射時の反動
  フル[①30x2②30③30④30x2⑤30⑥30⑦30x2⑧30⑨→330]
  3点[①30②30③30x2④30⑤30⑥30x2⑦30⑧30⑨→300]
この値は、実際には射撃間隔によって変動するが、反動減衰も考慮すると3点バーストの方が比較的有利になる。
よって3点バーストは適切な射撃間隔を開けることで、フルオートよりも低反動かつ安定した射撃を行うことができる。
この特性はM16A4のみならず、3点バーストモード時の武器の全てに共通している。

  • IRON SIGHTS
    M16A4.jpg

ゲーム内映像 Edit

銃器紹介 Edit

M16ことAR-15は1960年にアメリカのアーマライト社及びコルト社がアメリカ陸軍の要請を受け、1956年に試作されたAR-10をベースに、使用弾薬を5.56mm弾に変更する等の改良を施した自動小銃である。
プラスチックやアルミ合金等の軽い物質を多用して銃自体も非常に軽く、小口径弾を採用しダイレクト・インピジメント式(ガス直噴式)等を採用する事によって高い命中精度と軽い反動を実現している。
長い期間使用され何度も改良をしている為にアメリカ国内外でも非常に高評価を受け、クローンモデルやコピーモデルが生産されている程である。
本来の正式名称は当初は"AR-15"だったが、アメリカ軍が"M16"と呼称してから、一般向けモデルは"AR-15"、軍用モデルが"M16"と区別して呼称されている。


AR-15は1964年に大口径のM14を置き換える目的でアメリカ空軍に「M16」として配備され、その後アメリカ軍の全部隊にもカービンモデル「XM177」と共に配備、正式採用された。
現在のアメリカ軍の主力小銃はXM177の後継モデルであるM4だが、M16も近代化改良を施したモデルがM4と共に採用、使用され続けている。


本作に登場するM16A4(RO905)はM16A2を更新した最新モデル。キャリングハンドルが取り外し可能になり、ハンドガードがピカティニー・レール付きとなった事が大きな特徴。
コルト社製のM16A4にはバリエーションが存在し、コルト社の生産ナンバーではRO905(セミオート・3点バースト)、RO901(セミオート・フルオート)と細かなモデル差が存在する。
因みにフルオートモデルのM16A4(RO901)は米軍で独自に「M16A5」という名称で採用されている。
M16A4は海兵隊と陸軍の小銃として使用され続けており、主な使用者である海兵隊では、戦車搭乗員の自衛用やMARSOCの訓練用途としても、M16A4が使用されている。

コメント Edit

【過去ログ】
Vol1


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 上記の捕捉3点バーストの反動特性欄の計算は理論上は合ってるけどあくまで3トリガー9発で射撃を止めた場合であって実戦では玉抜けもあったり敵1人でも4トリガー5トリガー引くのは当たり前なのであまり意味のない理論だと思うね -- 2017-10-03 (火) 15:58:21
  • 上記の捕捉3点バーストの反動特性欄の計算は理論上は合ってるけどあくまで3トリガー9発で射撃を止めた場合であって実戦では玉抜けもあったり敵1人でも4トリガー5トリガー引くのは当たり前なのであまり意味のない理論だと思うね -- 2017-10-03 (火) 15:59:01
  • どうしてこの武器こんなにACOGがしっくりくるの... -- 2017-10-07 (土) 00:01:09
  • M16A4+M320+AN/PEQ-15でアメリカンスナイパーに出てきたフォースリーコンじゃないか! -- 2017-11-27 (月) 18:46:43
  • 指切り打ちの練習になる レートの割に反動が弱いので遠距離で頭抜きやすい -- 2018-01-10 (水) 19:22:58
  • ps4のマウサーに大人気 -- 2018-03-01 (木) 21:37:04
  • アバカン好きなんだけど似たようなもんかね? -- 2018-04-30 (月) 22:37:59
  • キャリングハンドルの上にスコープ載せたい -- 2018-06-16 (土) 14:45:13
  • 色々試したけどスタビーオンリーが1番リココンも気にせずにバシバシ当たって使いやすい -- 2018-06-26 (火) 12:25:02
  • レート800のつもりで撃つとジャムるから、この銃はレート750くらいなんだって言い聞かせながら撃つとちょうどいい -- 2018-07-17 (火) 17:44:24 New
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White