Top > MP7

MP7
HTML ConvertTime 0.104 sec.

MP7.jpg

拡張パックDLC02.png China Rising
分類PDW
製造国ドイツ.png ドイツ
設計 / 製造H&K
使用弾薬4.6×30mm
解除条件任務 風穴をあけろ
前解除-
次解除-
マガジンサイズ40発
弾薬40+1/164
射撃モードmode1.png / mode5.png
機動性75
実測
ダメージ(最大-最小)20-12.5
ダメージ(減衰開始距離-減衰終了距離)15m-47.5m
最大射程630m
連射速度mode5.png 950rpm
弾速(サプレッサー)420m/s(310m/s)
反動左20 / 上35 / 右40 / 初発2.15倍 / 減衰時間20
拡散:ADS静止:0.4 / 移動:0.6
拡散:腰だめ静止:立1 屈1 伏1 / 移動:立1.5 屈1.25 伏1.25
最大拡散値ADS:1.3 / :腰だめ:7
拡散連射増加数(減衰時間)一発あたり0.099(10.8)
リロード時間(空時)2.4s(2.65s) 装填完了判定までの時間比率0.75x
 2015年5月26日パッチ前のデータです(折り畳んであります)

アタッチメント Edit

解除パターン1。詳しくはPDWの「アタッチメント解除」(折り畳んであるとこ)の項目を参照。

 解除条件(長いので折り畳んであります)

特徴、アドバイス、補足 Edit

任務『風穴をあけろ(MAKE A DENT)』の達成が解除条件。
内容は以下の通り。

  • 携行式対空ミサイル(FIM-92 STINGER,SA-18 IGLA)で航空機を1機破壊する
  • 対車両リボン3つ
    • China Risingをアクティベートしてからの累計数


高レート、低威力のPDW。フォールディング フォアグリップが自動的に装着される。
前作では拡張マガジンを解除するまで20+1発の装填数で使わなければならなかったが、今作では最初から40+1発と多めの装填数で使うことができる。
レートは950RPMとCZ-3A1に次ぎ非常に高く、15mまで最大威力20を保ち5発でキルが取れるため、近距離での火力はかなり高い。ただし、防御態勢持ちや脚などに当たると弾が1発余分に必要となる点に注意。
レートの割に反動があまり大きくなく、グリップの影響で初期反動が小さいことから中距離もある程度こなすことができる。しかし、弾速や精度等を考慮するとPDWの域を出ないため過信は禁物。
威力は控えめだが、反動制御ができればトップクラスのレートを活かしたゴリ押しが可能。
なお、アイアンサイトが非常に見辛いため早々に別のサイトに変更することをオススメする。


  • IRON SIGHTS
    MP7アイアンサイト

ゲーム内映像 Edit

銃器紹介 Edit

ドイツのヘッケラー&コッホ社がベルギーのFN社のFN P90に対抗して開発したPDW。MP7の開発は「H&K PDW」として1990年代に始まった。
当時アメリカは防弾ベストの着用が一般的になった戦場でピストル、ピストル弾薬に代わる兵器、つまりPDWを検討するプログラムを行っていた。また、NATO諸国でも同様のプログラムがスタートしていた。
これらのプログラムにはFN社はP90を提出したが、当時同様の兵器を開発していなかったH&K社はMP5Kサブマシンガンをベースにショルダーストックを追加したMP5K-PDWを提出した。
しかし、従来のピストル弾薬を使用するMP5ではプログラムの要求に対して不十分であり、このことからP90に危機感を持ったH&K社によって開発された。


1999年に正式発表、2000年にH&K PDWの改良型が「MP7」としてドイツ軍に試験採用され、その後更なる改良が施された「MP7A1」が2003年に開発された。
MP7A1はドイツ陸軍のKSKやイギリスの一般警察が制式採用し、アメリカ海軍のSEALSチーム6(現DEVGRU)、アメリカの一部の警察組織、日本自衛隊の特戦群等が限定的に採用している。
上記のDEVGRUがビンラディン襲撃の際にHK416と他社製の3面レール付きハンドガードを装着した本銃を使用していたという情報が流れた際には、世界のミリタリーマニアの間で話題となった。


重量は1.6kgと大型拳銃並の軽さで、サイズも非常にコンパクトで携行しやすい。P90がブルバップ式を採用し、マガジンも銃上部へ水平に収める形を選択する等斬新な構造を持っているのに対し、
MP7は従来からのグリップ下部からのマガジン装填を選択するなど、基本構造は堅実かつ信頼性の高い構造となっている。
マガジンキャッチやセレクター、ボルトリリース等は左右どちらからでも操作できるため、利き腕を選ばない。
弾薬はP90の使用する5.7x28mm弾に対抗して開発された4.6mm×30弾(次世代ライフルを目指して開発するもお蔵入りとなった、G11のケースレス弾・4.7mm×33が大元)を使用し、
サブマシンガンで一般的な9mmパラベラム弾では貫通出来ない防弾ベストなども200m先からでも貫通することが出来る。


2016年現在、MP7は従来のMP7A1と、2014年に発表された小改良モデル「MP7A2」が併売されている。
これはタンカラーのボディ追加に、アンダー部のフォアグリップレス及び3面レール化(これは上記のDEVGRUが使用しているMP7A1が影響しているものと思われる)、
アンダー部の変更に伴う、純正フォアグリップの変更(脱着可能なタンカラーのバーティカルフォアグリップへ変更)といった、軍組織による使用を前提とした改良が行われている。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • よく考えたら対車両リボンとか無理ゾ・・・ -- 2016-12-02 (金) 19:08:50
    • ヒント;乗 り 物 -- 2016-12-04 (日) 16:17:35
      • ん?今対車両って言ったよね? -- 2016-12-29 (木) 13:03:49
    • 戦車でバギー壊したら案外いけんぞ -- 2017-02-25 (土) 09:57:32
  • リフレックス出すでしょ?→レーザーサイト出すでしょ?→もう完成あとはバレルだけ -- 2016-12-04 (日) 20:06:51
  • これP90のライバルなん? -- 2016-12-04 (日) 20:23:05
  • サイレンサーとエイムポイントとPEQ-15かなんかつけたらゲートのCIAカスタムになるぜ…… -- 2017-01-07 (土) 11:34:19
  • せめてアイアンがトリチウムサイトになってくれないかな -- 2017-01-08 (日) 23:28:05
  • こいつにはCOYOTEとサプ(実用的にはヘビバレ)とレーザーがお似合いなのさ。理由は特殊部隊風だからだよww(←カッコつけさせろ) -- 2016-10-03 (月) 17:00:08
    • COYOTEよりホロのほうがそれっぽくねェ? -- 2016-10-08 (土) 09:41:02
      • COYOTEなんてMP7に似合わない -- 2016-11-16 (水) 09:12:37
    • コヨーテが軍用じゃないと知らないみたいだな -- 2016-12-02 (金) 20:50:54
    • 見た目重視ならホロだがリフレックスが使いやすい上によく似合うからすこ -- 2017-01-17 (火) 17:22:48
      • ホロだったらP90の方が似合うぞ -- 2017-02-07 (火) 19:50:02
      • P90"も"だろ。全くここでする話じゃないがな -- 2017-02-07 (火) 22:50:28
  • スティンガー一発で攻撃ヘリ沈んでGETできたけど、攻撃ヘリは一発で沈んだっけ?煙も出てなかったしダメージも受けてなかったと思うけど着弾と同時に乗り物破壊とキルが確認できました -- 2017-01-18 (水) 07:34:34
    • 多分ダメージ入ってたんだと思うけど、無傷が間違いなかったならM2地雷かC4が貼りついてたのかもね。ヘリ操縦不得意な敵兵が、あなたのチームに取られないようにってくっつけておいたやつ。 -- 2017-01-18 (水) 08:25:19
  • これにACOG積んで使ってるけどめちゃくちゃ楽しい。バイボット欲しいわ。 -- 2017-02-14 (火) 19:18:05
    • 間違えた、バイポットか。 -- 2017-02-14 (火) 19:19:21
  • バレルは何がおすすめですか? -- 2017-02-24 (金) 16:54:25
    • 色々試したけど結局純正が一番ってことに俺はなった -- 2017-02-24 (金) 22:20:06
    • 迷ってるならサプ付けるって手もあるよ -- 2017-02-28 (火) 13:34:01
    • どれも合うけどコンペン -- 2017-03-02 (木) 22:56:45
  • 他のSMGと比べて、P90と同じく射程が短いからサプが合う -- 2017-04-26 (水) 11:28:52
お名前:

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

テスト的に表示しています。