Backup source of 医療bag (No. 1)
  • Backup list
  • View the backup.
  • 医療bag has been deleted.
    • 1 (2015-01-15 (Thu) 07:05:52)
&attachref(./医療バッグ.jpg,nolink);


|BGCOLOR(#555):COLOR(White):270|426|c
|BGCOLOR(#fc2):COLOR(Black):分類|[[突撃兵(アサルト)ガジェット>武器/突撃兵/アサルトライフル・ガジェット]]|
|英語表記|''MEDIC BAG''|
|解除条件|[[突撃兵スコア>兵科解除/突撃兵]] 101,000pt|
|アイテム数|1|
|MAPでの表示|&attachref(応急処置パック/FIRST AID PACK_mapimg.jpg,nolink);|


*特徴、アドバイス、補足 [#Tips]
前作にも登場した通称"弁当箱"。自身と味方、敵兵士を問わず周囲にいる兵士を同時に回復できる。
同時に1個まで置くことが可能。分隊技能衛生兵のLV1で同時に設置出来る数が2個になる。
医療バッグを複数個置き、効果範囲を重ねても回復速度は変わらない。ただし、医療バッグと応急処置パックを同時に使うと回復速度は上がるので、両方の医療キットを持っていく事や、医療バッグの傍に応急処置パックを設置する事は無駄では無い。
消滅する条件として、破壊される、設置限界数を超えて新たに設置する(古い物が消滅)、設置者が死亡してリスポンする(この場合全て消滅)がある。
応急処置パックとの違いとして
利点は、1 効果範囲内であれば体力が回復し続けダメージを受けても直ぐさま再度回復が始まる、2 同時に回復出来る人数に制限が無い、3 1個の医療バッグから回復出来る量に制限が無い(消滅しない限り使い続けれる)こと。
欠点は、1 遠くに投げれない、2 設置した場所から離れると回復効果が切れる、3 同時設置数が1個少ない、4 再使用までが遅い(直ぐに2個目を出せない)こと。
医療バッグは範囲がある程度あり、複数人同時回復と無制限に回復し続ける事が出来、ダメージを受けても効果を失う事が無く絶えず回復する為正面きっての銃撃戦や遮蔽物や角を利用した陣地構築等には非常に効果的である。防衛戦や、ゆっくりと侵攻するのに向いている。
しかし回復範囲から離れると効果を発揮しない都合上、医療バッグを敵の砲火に晒される位置に置くと危険過ぎる為味方が利用出来ない点や、回復中の味方を狙った爆発物により医療バッグが破壊されてしまう事がある。破壊されてもアナウンスは無いので、適切な位置に置き直す事も含め、適宜再配置することでカバーしよう。
注意点として、敵も自身の設置した医療バッグを利用する事が出来る点がある。医療バッグは回復量に制限が無い為、死亡時に消滅するとはいえ、敵陣に置き忘れ無い様に注意しよう。特にTDMやドミネーションでは陣地が入れ替わりやすいので気を付けよう。
逆に敵の医療バッグを自身や味方が利用する事も出来るので覚えておいて損は無い。因みに弾薬箱、弾薬パックも同じく利用できる。
*ゲーム内映像 [#Image]


*コメント [#Comment]
#pcomment(,reply,10,)