Top > ビークル > サブウェポン

ビークル/サブウェポン
HTML ConvertTime 0.093 sec.

アンロック有 | 主力戦車 | 歩兵戦闘車 | 対空車両 | 偵察ヘリ | 攻撃ヘリ | 攻撃機 | ステルス機 | 高速戦闘艇 |
アンロック無 | 輸送車両 | 航空 |ボート | 自走砲 | 固定武器 | 固定対空砲 | 兵士の装備 |


ビークル | 概要 | ビークル操作 | ダメージ率
装備兵器 | メインウェポン | サブウェポン | カウンターメジャー | オプティクス | アップグレード |

サブウェポン Edit

メインウェポンがリロード中の時や短所を補う副兵装、兵器威力についてはダメージ率参照


コアキシャル LMG/HMG Edit

同軸機関銃。連射しても照準が跳ね上がることはないので遠くの歩兵も狙える。
LMGはビークルダメージが無いがレート・弾速が高くリロードに入るまで射撃できる弾数も多い。
HMGは連射速度・弾速・弾数でLMGよりも劣るがかわりに威力が高く、歩兵に対しては最低値が38で3発Killとなり、尚且つ軽車両や航空兵器にもダメージを与えることができる。
HMGを搭載すると一部のマップで視界が完全に塞がってしまうバグが発生していたが、パッチで修正された。
2番席のHMGは一番席が使用するコアキシャルLMGに近い性能を持っている。ダメージ率参照。
歩兵のライフル同様連射すると拡散していくので適度に指きりを入れることで命中率が上がる。

誘導砲弾 Edit

標的へのロックオン維持が必要なレーザー誘導式対戦車砲弾。
レーザー誘導指示のロックが完了するまでは砲撃できない。
そしてこの兵装単体で有効な場面はほぼ無いが、レーザー目標指示は相手が遮蔽物に隠れた場合でも3s程度だけなら完了・完了前問わずレーザー目標指示が有効。
名前こそ違うがレーザー誘導ミサイルと扱いは同じである。ただし、独立した発射器を使うミサイルとは違ってメインウェポン用の主砲を使用する為、誘導砲弾を発射→即メインウェポンで砲撃は不可能となっており、メインウェポンを連続で砲撃する場合と同じクールタイムが発生する。
この兵装が真価を発揮するのは、偵察兵が使用するガジェットのレーザーペイントにて砲撃指示がロックされている時である。
対象に対しては発射後に自身のロックオンが外れてしまっても、レーザーペイントロックが有効であればそれに従って誘導される。
さらに、レーザーペイントロックで砲撃した場合はトップアタックの機動を取るので、水平方向の障害物を気にせず砲撃することができる。(砲身を横に向けるなど、目前の障害物を避けた状態にして砲撃しても砲撃後に真上に飛翔し目標まで誘導してくれる)
誘導中にレーザーペイントロックが外れた場合は最後にロックオンしていた場所に落下するので、敵が動かなければ命中する。
一つだけ注意点がありトップアタックで誘導された場合、相手が橋の下にいたりすると橋が遮蔽物となりダメージを与えられない場合がある。
スタッフ弾とよく似ているが、都度ロックオンが必要という負担がある代わりに、偵察兵ガジェットのレーザーペイントロックが可能という点で大きく差別化されている。
ラウンド中に頻繁にレーザーペイントロックが確認できる場合はスタッフ弾ではなく、こちらを選択した方が効率は良い場合が多い。


実際のM1エイブラムスには誘導ミサイルの発射機能は存在しないが、同口径の砲を搭載しているメルカバ戦車がLAHATという対戦車ミサイルを運用している。
また、レーザー照準装置とデータ入力装置を搭載すれば他の105mm砲および120mm砲を搭載する戦車でも運用可能。
T-90および99式戦車ではレフレークス対戦車ミサイルを運用可能。

キャニスター弾 Edit

歩兵戦闘車のものと比べて散弾数が非常に多いで当てやすい。
中距離までなら歩兵を即死させることが可能なため、逃がしたり反撃を受ける機会を減らすことができる。
また、ジープやボート、自走砲など装甲が薄い車両に対してはメインウェポンよりダメージが大きく、1発で破壊できる。
ただし、距離が離れると1発で倒すことができなくなる。また、コアキシャルと違って装弾数分を撃ち切ると再装填を待つ必要がある。
また、通常の砲撃で航空兵器を狙うのはかなり難易度が高い部類に入るがダメージ与えるという意味だけで捉えれば、拡散するキャニスター弾は牽制として有効であり、綺麗に当てればメインウェポン同様の攻撃能力を有する。
リロードはメインウェポンと共通のため、キャニスター弾を発射後に即メインウェポンで砲撃といった行動は不可能で必ずクールタイムが発生する。

スタッフ弾 Edit

120mmスマート弾。
要するに戦車版MBT LAW。(但し、偵察兵のレーザーペイントロックによる誘導性能はないので注意が必要。)
誘導砲弾と威力は同じだが、こちらはロックオンが必要なく即座に撃てる・ヒット直前までアラームが鳴らない、という点で差別化されている。
発射後、砲弾から前方150m圏内に地上兵器を捉えると誘導する。
最初から距離が150m圏内の場合は発射直後から誘導開始。
ただし、ロックに至る角度(狙ったターゲットと砲撃時のAIMのズレ)はかなりシビアなので、偏差も含めて遠方のターゲットを砲撃する場合は注意が必要。
具体的にはターゲットを中心に見た場合、ターゲットを頂点とした角度1.8°の円錐上しか許容されない。
軌道は工兵装備のMBT LAWと同一のため当たり判定は上面固定となり、ダメージは当たり場所問わず30ダメージで一定。ダメージ率参照。
砲弾は落下せずターゲットヒットの直前まで直進するので、縦偏差という意味では遠距離の目標も楽に狙える。
ただ、MBT LAWと同じ軌道を描いて砲弾が着弾する為、橋の下にいる相手に対しては橋が上面への攻撃を防いでしまうなど、上手く避けられてしまう場面も見受けられる。
直撃ダメージと爆風ダメージは同程度で、かすっただけでも威力は減衰しない。
主砲を利用して発射される為、クールタイム無しでメインウェポンとの併用砲撃は不可能。
押し相撲が取れる程の至近距離のターゲットに対して砲撃した場合は爆風で自身もダメージを受けてしまうので、接射時はそれを計算に入れた立ち回りが必要。
通信状況によっては爆発エフェクトが発生しないことがあるが判定はしっかり発生している。

TOWミサイル Edit

読みは「トウ」。ロック不要。手動で誘導して軌道を曲げられる対戦車ミサイル。レーザーペイント対応。
使用感は工兵武器のFGM-172 SRAWと同じ。発射後はメインウェポンに切り替えても誘導が働き続ける。
発射器は上下には向けられず、砲塔を向けている方向にある程度スペースがないと障害物にぶつかることもある。
例えば、歩兵戦闘車両は砲身から発射でな無く砲塔脇に装置が設置されている為、目前に障害物があると発射しても障害物に当たってしまう。
また、発射は車体の側面からなので近距離や移動中の発射はそれが原因で外れることもあることに注意。
レーザーペイントされた対象をロックオンすることが可能で、その際はトップアタックモードになる。ロック完了前に発射すると通常の手動誘導になる為、しっかり完了したのを確認してから発射すること。

ズーニー ロケット Edit

対地・対空両方に使える無誘導ロケット弾。
6発以上命中でTOWミサイルよりダメージ量が上回る。機動力の低下を起こさせにくい。
連射できるうえに爆風ダメージがあるので歩兵戦闘車と対空車両では対歩兵・対ビークル共に使い勝手がいいが、高速戦闘艇では波に阻まれやすい。
また、弾道の落下が激しく弾速も遅いので遠方のターゲットや、特に対空車両で航空兵器を狙う場合にはかなりの訓練が必要。

ヒートシーカー Edit

ロックオンしないと発射はできない、ロックオン可能距離は650m。敵飛行ビークルにロックオンし、発射後は自動で追尾する赤外線誘導ミサイル。
パッチにより威力が増加し、更に最高速度と加速性能が強化された。
その代わりにミサイル自体の旋回性能が低下し、場合によってはフレア無しで回避されてしまうこともある。
なお、地上車両や歩兵に当たってもダメージは入らない。ゲームバランス的には妥当な仕様だが、そのため薄い戸板に当たっても破片すら飛び散らないのはかなり違和感のある光景である。
画像は空対空ミサイルのベストセラーとも言われるAIM-9Mサイドワインダー。偵察ヘリに限り、選択するとAIM-92スティンガーが装着される(性能は同じ。)

パッシブ レーダー Edit

ロックオン無しで発射可能、ロックオン可能距離は650m。正面のロックした目標を追尾するミサイル。画像はアメリカの中距離空対空ミサイル AIM-7スパロー。
命中するまでロックオンを維持する必要があるが、ヒートシーカーより威力で勝る
パッチによりロックオン完了前に発射することが可能となり、加速性能が強化された。また、威力もヒートシーカーと同等となった。
ロックオンしない程度に狙いをつけて発射し、その後ロックオンすることで疑似アクティブレーダーのように使うこともできる。
ただしロック中はメインウェポンは一切使えない。
なお、地上車両や歩兵に当たってもダメージは無い。
と思いきや、何故かRHIBボートに対してはほんの少しだけダメージを与えられる。

アクティブ レーダー Edit

ロックオン無しで発射可能、ロックオン可能距離は100mから650m。ミサイル自身が敵を探知し誘導するアクティブ誘導ミサイル。威力はパッシブレーダーに近い模様。
射出されたミサイルは直進し、弾頭前方に航空機を捉えると誘導する。判り易く言えば、ロックオン距離が長い対空専用MBT LAW
こちらも、パッシブ レーダー同様、地上車両や歩兵にはダメージは無い。
2014年03月配信のパッチで反応範囲が縮小された。
更に2015年10月配信のパッチで威力と最高速が向上した。

画像はアメリカの中距離空対空ミサイル AIM-120 AMRAAM(アムラーム)。

レーザー誘導ミサイル Edit

地上・水上ビークルにロックオン可能な対戦車ミサイル。着弾までロックを維持する必要がある。
FGM-148 JAVELIN同様レーザーロックに対応し、威力も上がる。
画像は上がAGM-114ヘルファイア、下がAGM-65マーヴェリック。見た目の違いがあり、攻撃機/ステルス機の物の方が着弾の爆発が派手だが、どちらも威力は同じ。
選択すると若干下方向を向いたカメラに切り替わる。狙っている最中、欲張りすぎて障害物に激突してしまわないように注意すること。
ロックが外れても最後に狙っていた場所まで飛んでいくので、敵が動かなければそのまま命中する。
照準カメラには若干倍率が掛かっているため地上にいる歩兵や車両の偵察に用いることも可能。

TV誘導ミサイル Edit

TVカメラ搭載のミサイル。発射するとミサイルの視点になり、手動で軌道を操作できる。
ただし弾速が早く、発射してすぐは旋回性能が低いため近距離の敵を狙う場合は偏差撃ち推奨。
また、発射してから一定距離を過ぎると、旋回性能が極端に上がり制動が難しくなるが、
慣れればその性質を利用して、移動しているビークルを追いかけて当てる事も可能。
着弾かビークル乗り降りキーで途中で戻れる。途中で戻った場合、以降は無誘導で直進する。
中身がプレイヤー判定になっている為か、発射すると一時的に空席表示になるようだ(座席が取られることはないので安心を)。
攻撃機から発射した場合、操作中も機体は失速寸前の速度で飛行し続ける。同時に無人判定になるのか、他人から見ると乗り捨てられたかのように見えてしまったりする。
アクティブ防護システムで防がれない。
オートローダー・弾薬ベルトフィーダーの効果が適用されない。

ハイドラ・ロケット Edit

性能は戦闘ヘリのものとほとんど変わらない。
爆発範囲が広く連射できることから歩兵・車両とも当てやすく、他の対地サブウェポン(レーザー誘導ミサイル、TV誘導ミサイル、JDAM誘導爆弾)と違い別画面にならないことから、目標に気を取られているうちに建物に衝突したり敵ジェット機の接近を許したりする事故が起きにくい。
1発の威力は高くないため、戦車相手には長時間攻撃を続ける必要がありカウンターメジャーで防がれやすい。

モデルはハイドラ70ロケット弾。

JDAM誘導爆弾 Edit

読みは「ジェイダム」。
使用時はコックピット上の正面計器に表示されているミニmap画面にズームし、狙った地点に爆弾を投下する。
相手に対して一撃で大ダメージを与え更にはレーザー誘導のようにアラームが鳴るといった事前警告も無い為、カウンターメジャーに防がれにくいのが強み。
しかし、投下時のミニmap画面はかなりの縮小表示なうえ画面にズームしている為、画面以外を目視できないまま高速移動する機体を操作して目標に当てる必要があり、静止目標であっても直撃させるには相当な慣れを要する。
慣れないうちは投下用の画面とにらめっこしすぎて、建物や起伏した地形などに激突する可能性も非常に高い。
直撃でなくとも爆風による当たり判定が存在するが、海上のビークルに対しては、着弾した海底からの爆風が届かない為、直撃が必須になるので相性が悪い。
爆風ダメージは主力戦車に10~50、直撃は50固定。機銃と合わせて使えば一回のアプローチで戦車を破壊することも可能。
攻撃を受ける側としては、全体map/ミニmapに映るや目視にて相手の軌道を読み "投下直前" に全速後退するなどで爆撃を避ける動きをするのが有効だが、交戦中であったり熟練の攻撃機乗りが相手だと、回避は厳しいと言わざるを得ない。
熟練の戦闘機乗りのなかには、航空兵器に対してすれ違いざま等に機体を傾けてJDANを相手航空兵器に当て、ヒットアンドウェイで破壊するという曲芸じみた攻撃をやってのける者もいたりする。


JDAMとは、本来は無誘導の通常爆弾をレーザーやGPS、慣性誘導などを用いた精密誘導爆弾にするための改造キットの総称だが、ゲーム中の物は無誘導の自由落下爆弾のような扱いになっている。
特定マップで使用可能な爆撃機から投下される爆弾もJDAMであるが、こちらの場合は着弾地点を指定するだけでよく、本来のJDAMに近い姿と言えるだろう。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • TVミサイルでガンシップ落とすの楽しい -- 2017-04-05 (水) 18:52:42
    • towでもできるよね -- 2017-06-19 (月) 16:48:13
  • 高速戦闘艇にパッシブ積んだらいい感じにヘリがカモってくれる。…いつから高速戦闘艇が対空できないと錯覚した? -- 2017-08-09 (水) 16:49:01
  • レーザー誘導ミサイル+PLD=最強兵器 -- 2017-09-01 (金) 01:05:51
  • AAのサブはアクティブかパッシブ、どっちがいいですかね? -- 2017-11-05 (日) 16:07:59
    • 自分はアクティブレーダーで慣れてしまったのでこっち使ってる。細かい事考えずに偏差だけ気にして撃つのは本当にLAW使ってる感覚。どちらが航空機玄人に有効かまではわからん。 -- 2017-11-05 (日) 16:13:39
      • ありがとナス!パッシブも偏差付けて撃ってからロックオンするとけっこうフレア焚かれずに当てられるんだよなぁ -- 2017-11-06 (月) 19:35:42
  • アクティブ1つとパッシブ1つのダメージは同じですか? -- 2017-11-06 (月) 19:36:46
    • ん~どうやろ。wikiのダメージ率では航空機に対して同等のダメージだけど、2015年秋のパッチでいろいろ変わったのを反映して修正済みなのかどうか知らんからなぁ。秋パッチの変更点だけでみればダメージはパッシブレーダーのが高いみたいだけど、実際に試してみるべきなのかな。ついでによく見てるサイトのパッチページのリンク貼っとくよ つhttp://fpsjp.net/archives/118463 -- 2017-11-06 (月) 20:56:58
    • パッシブの方がダメージ高くて1発39です -- 2017-11-06 (月) 22:02:17
  • 主力戦車のキャニスター弾って強すぎない?150mくら離れてても、照準の真ん中に敵を捉えれば、一発で倒せるし、航空機を落とす唯一の武装だし(APを当てる変態以外が)最高だよな。長文すまん -- 2017-12-15 (金) 22:59:04
    • せやね、その代わりの単発だからいいんじゃね? IFVは連射できる代わりにMBTと比べたらダメージ少ないしバランス取れていると思うよ。 -- 2017-12-16 (土) 00:49:14
  • なるほど…貴重な意見をありがとうございました! -- 2017-12-19 (火) 23:01:53
  • 自走AAのズーニー、もうちょっとBUFFください!オナシャス! -- 2018-03-13 (火) 04:25:14
    • 十分だろ。足りない分は腕でなんとかしろ。 -- 2018-03-13 (火) 19:38:57
  • 木主は何故か、TV誘導ミサイル撃つと、安全な射撃演習場でも飛行機操作と間違えて上昇しようとして海にドボンする癖があるようだ、同じような人いる?(追伸 木主は高速戦闘艇で使ってます -- 2018-06-08 (金) 18:47:58
    • ごめん、投稿するとこ間違えた?間違えてたら質問のとこに送っといて -- 木主? 2018-06-08 (金) 18:49:33
  • JDAMの爆風おかしいでしょう。あんな簡単に扱えるのにあの効果は戦闘機乗りからしてもずるいと思った。せめて30かな?相手のAAが弱すぎる -- 2018-10-31 (水) 21:57:27
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS